観光スポットが豊富なイタリア

ヨーロッパの観光ツアーで一番人気と言えば、やっぱりイタリア旅行ではないでしょうか。 イタリアには多くの観光スポットが点在しています。日本でいう所の京都みないな場所が沢山あるイメージでしょうか。

イタリアは歴史的な建造物が多く点在するので、世界遺産がたくさんあります。 一晩で火山灰に埋まったと言われるポンペイや古代スタジアムのコロッセオなどなどです。 また、旅行ではフィレンツェの中世からの街並みや水の都ベネチアの観光も外せません。 首都のローマには某映画にも登場したスペイン広場、コインを投げ入れる風習のあるトレビの泉などもあります。

また、イタリアと言えば、世界的な料理ですよね。 ピィッツアにパスタ、さらにワインなど、この国はグルメ目的の旅行者の方でも大満足できると思います。 その他、サッカーが盛んであり、欧州で最も有名なサッカーリーグのセリエAがあります。 イタリアはオペラ発祥の地でもあるので、オペラの鑑賞ツアーもお勧めです。

フランス旅行と言えばやっぱりグルメ

フランスを旅するなら、観光のメインは首都のパリになるでしょう。 基本的にフランスは日本と同じく首都にすべてのものが集中しています。 まず、パリに着いたらその景観を楽しみましょう。 フランスの象徴とも言えるエッフェル塔、ナポレオンの戦勝を記念して造られた凱旋門、そして、日本の表参道の様なレストランやブテッックが通りに立ち並ぶシャンゼリゼ大通りなどを楽しめます。

さらに、世界的に有名なルーブル美術館は外せません。 ここには、ダビンチのモナリザやミケランジェロのミロのビーナスなど 世界的な文化遺産が沢山展示されています。 ここの美術館は1日では回りきれないので、余裕をもって3日程度のスケジュールで 鑑賞をするとよいでしょう。

旅行ツアーだと1日しか観光の予定を取っていない場合が多いので、 じっくりと美術品を鑑賞したい場合は、ツアーではなくプライベート旅行で訪れるのが良いと思います。 あと、フランス旅行と言えば、世界一と言われる味のフランス料理ですよね。 美味しいフランス料理が日本ではありえない価格で楽しめます。

かつての覇者であるイギリス

イギリスは大英帝国とかつて言われていたことからわかるように、中世から近代以前までは世界中に植民地を持っていました。 その影響で現在では世界で最も英語は話者が多く、かつて植民地となっていた国では現在でも英語を第一母国語として使用している所が多いです。

イギリスの観光ポイントで一番のオススメは首都のロンドンです。 ロンドンには世界最大の博物館である大英博物館があります。 かつて世界の覇者だったため、世界中から歴史的価値のある物が英国に集められました。 その一部が今でも大英博物館で展示をされているのです。

イギリスは英語発祥の土地なので、当然のことながら英語が話されています。 イギリス旅行は、日本の学校で習った基礎的な英語ができれば観光でもあまり不自由することが無いというメリットもあります。

【最新国内・海外情報】
  • トランプ氏会見 秘めた狙いは
  • 任天堂 Switch発表後に株急落
  • マック 日本法人株一部売却へ
  • 世界の富豪 安藤建築に託す夢
  • インスタ「全面広告」を導入
  • Nintendo Switch 3月3日発売
  • 移民を蹴ったカメラマン 有罪
  • LAすし店 不適切な魚種名も
アジア アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ